記憶術とは何か?

記憶術とは、たくさんのものを一度に記憶する為の技術の事を言います。記憶術を学ぶ事で、記憶力アップし仕事や勉強の効率がぐっと上がり、様々な知識を短時間で身に付ける事が出来ます。記憶術の歴史は意外に長い物なのです。元々は、2500年前に記憶術を行っていた方がいると言われています。その技術がどんどん進歩を遂げ、現代に伝わっていったのです。最近では、ユダヤ式記憶術という教材があります。

 

記憶術は大きく分けて2種類あると言われています。一つは、記憶の効率を上げる方法です。自分にあった記憶方法を身に付ける事で、より自分で記憶しやすい方法を行うのです。これは人によって違いがありますが、さまざまな記憶方法を試していくうえで見つけやすいでしょう。勉強上手な方は、自分にあった記憶の効率を見つけているのでは無いでしょうか。

 

次は、人間の本来の記憶術を向上させる方法です。記憶の効率ではなく、本来の人間の能力を向上させる事で、記憶術を上がる事が出来ます。これは自分自身で特訓やトレーニングを行う事で、記憶術を上げる事が出来るでしょう。人間の記憶と深く関わっている部分は海馬と言われている部分です。この部分の特性を利用して行う記憶術がいろいろあります。また、記憶術にはいくつかの方法があります。物語法と言って、物語を考えてそれに当てはめて覚える方法、頭文字方法と言って、記憶したい物の頭文字を覚えて記憶する方法、そして、数字など覚えやすい物に置換して覚える置換法です。自分にあった方法を行い、記憶力を高めていきましょう。

 

記憶術の参考サイト 記憶術.com

速読術とは何か?

速読術とは、文章を早く読む事が出来る技術の事を言います。速読術を身に付ける事で、他の人が10分掛かる物を5分、3分と短い時間で読む事が出来る様になり、様々な効率を上げる事が出来るでしょう。速読術を身に付けたいと思う方はとても多いでしょう。速読術を身に付けると、仕事で役立つ事が有ります。仕事の資料を他の人の倍以上早く読み、理解し、作業に取り掛かる事が出来ます。本を読む事が趣味の人は、速読術を身に付けると通常よりも早い時間で本を読み終える事が出来、どんどん読書量が増えていくでしょう。読書の速度が上がる事には沢山のメリットが有るのです。

 

速読術には、二つのパターンがあると言われています。全体理解と、精読です。全体理解は、全体を大まかに理解する事が出来る能力です。一つの文章に対して、あらすじ、テーマ、全体の意味など7割程度を理解する事が出来る能力です。そして、精読は正確に理解し記憶に理解をさせる物です。しっかりと読み、情報をインプットする事が出来る力です。小説等を読む時は全体理解の能力でも大丈夫でしょう。しかし、試験問題、専門書、資料など、大切な書面を読むときは精読の能力が必要とされています。両方とも速読術の中では必要な能力ですが、どちらかに特化した方が能力を身に付けやすいでしょう。速読術を学ぶには様々な訓練方法が有ります。最近は、インターネット上にも速読術を学ぶ方法、速読のアプリやゲーム、ソフトがあります。

 

速読の参考サイト 速読トレーニング.com

坪義生の勉強法とは?

最近の不景気のせいで、資格の一つでも取っておこうという風潮があるのか、宅建や社労士の資格は人気があります。弁護士や会計士などの資格とと比べて、難易度が高くないのと、実際の仕事や業務に関連することが多いのが人気の秘密でしょうか。とはいえ、勉強をしないと合格することはできません。坪義生という宅建や社労士の資格試験対策の講師をしている人物がいます。坪義生はスクールで教えているプロになります。そのプロが監修した宅建や社労士対策のための勉強法が教材としてリリースされています。忙しいサラリーマンや学生もいるでしょう。限られた時間を使って、勉強をこなし合格を勝ち取らなければいけません。坪義生の勉強法であれば、そういった方を対象に最短距離で合格に導いてくれる勉強の仕方を教えてくれます。いまのところ、坪義生の教材はインターネットでしか販売されていないようです。気になったら、坪義生の公式ホームページをチェックしてみましょう。


このページの先頭へ戻る